●ホーム > 製品情報

製品情報
株式会社クレイ沖縄の製品情報ページです。

『ぐっすりん』 クワンソウ・植物の力でスッキリ!!

 
 
注文はこちらから

商品の詳細

この商品は平成21、22年度「経済産業省「地域イノベーション創出研究事業」の研究事業で開発されました。産官学の共同研究により、クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)から成分を同定したオキシピナタニンとギャバの遊離アミノ酸を原料としています。同志社女子大学・薬学部、国立琉球大学・農学部、㈱クレイ沖縄との共同研究にて開発した「沖縄発」の商品です。

クワンソウは沖縄では眠り草(「ニーブイグサ」:沖縄の方言)とよばれ、不眠や興奮、イライラの解消に役立つ薬草として食されてきました。

クワンソウの生葉からエキスを精製し、さらにオキシピナタニンを抽出しました。沖縄伝統野菜クワンソウからオキシピナタニンの安定的大量出抽出に世界で始めて成功!オキシピナタニンはたいへん不安定な特異なアミノ酸の一種で生葉に多く含まれておりますが、乾燥葉からの抽出は困難です。

●植物から抽出したので安心・安全です。
●(財)食品薬品安全センターで安全性が確認されました。

 

【お召し上がり方】
健康補助食品として、お休みの約1時間前から1日に1粒を目安に、水またはぬるま湯と一緒にお召上がり頂くことをお薦めします。

癒しの花茶 沖縄産クワンソウの花 レモングラス入り

癒しの花茶

※商品のご注文は10個(3,900円)より承ります。

沖縄の伝承野菜クワンソウ(和名:アキノワスレグサ)の花、葉とレモングラスをブレンドした癒しのお茶です。


クワンソウは英語でDaylilly(1日のユリ)と呼ばれています。午前中に開花し夕方にしおれてしまう為、手早く摘み取り丁寧に処理・焙煎しました。後味にレモングラスがほんのり香る、やさしい味のお茶です。
 
クワンソウは琉球王朝時代より癒しの花として、豚肉や鶏肉などと煮込んで食されてきた伝承野菜です。秋には、色鮮やかな花を咲かせ、畑一面をオレンジ色に染め上げます。
 

【美味しいお召し上がり方】
1包あたり湯のみ約5杯分(約100cc×5杯)のお茶がつくれます。
お茶の色が薄くなる事がありますので、急須に1包と5杯分のお湯(約500cc)を注いで、5分ほど置いてからいただくと、美味しくお召し上がりいただけます。

「癒しの花茶」のご注文はこちらから

日本・国際特許取得のクワンソウ商品をご利用する際の注意点

商品名は「ぐっすりん」「グッスリン2-V」です。
最近、オキシピナタニンの日本・世界特許取得により、他社では、クワンソウに睡眠調整物質が解明・特定・特許取得されることを記事かチラシで表示しながら、クワンソウ商品を一部の売店等で販売しています。

   オキシピナタニンは大変不安定な特異なアミノの一種でクワンソウの生葉と弊社商品『ぐっすりん』に極めて多量に含まれておりますが、乾燥茶・乾燥粉末には極微量しか含まれていません。

   また、クワンソウの有効成分として日本・世界特許取得されたのは、同志社女子大学薬学部が特定したオキシピナタニンだけです。他社商品が弊社商品と類似しているため、一部のお客様に誤解とご迷惑をお掛けしております。

 包装紙の共同研究開発名「同志社女子大学薬学部、琉球大学農学部、㈱クレイ沖縄」または製造者「株式会社クレイ沖縄」または商品名「ぐっすりん、グッスリン2-V(販売者:沖縄県物産公社)」をご確認の上ご購入くださいますようお願い申し上げます。
 
メディア情報
共同研究大学
琉球大学農学部 同志社女子大学薬学部